練習の流れ

テコンドー ヨプチャ・チルギ

1. 準備運動をした後、壁を補助にして蹴りの練習を行います。

前や横に足を蹴り上げたり、ゆっくり蹴って数秒間静止し、バランスを取ったりします。

テコンドーの練習の大きな特徴です。

 

2人1組のテコンドーストレッチ

2. 体が温まったところで2人1組の柔軟体操を行います。

最初は無理せず、徐々に体を柔らかくしていきましょう。

テコンドーの華麗な蹴りを身につけるため、重要な練習となります。

 

 

テコンドー ミット蹴り

3. ミット蹴りを行います。

テコンドーで一番、人気のある練習です。

皆さん、いつも楽しそうです。

テコンドー 基本動作

4. テコンドーの基本動作である突きや受け、型などを練習します。

 

テコンドー 組手

5. 希望者は組手を行います。

テコンドーの組手はライトコンタクトによるポイント制です。

手足、または顔面、胴などに防具をつけ安全性に配慮しています。

体験入門の方は1~4までの練習を行います。

わかりやすく丁寧に指導することを心掛けていますので、

気軽にご参加ください。

 

What's New

11/2 ギャラリー2018年に第12回関西ITFテコンドー選手権大会その2の写真をアップしました。

10/29 ムービー2018年に第12回関西ITFテコンドー選手権大会の動画をアップしました。

10/28 ギャラリー2018年に第12回関西ITFテコンドー選手権大会の写真をアップしました。